先週の買い物

Liveでトラックメイキングするならこの本かな、ということで購入。まだざっとしかめくってませんが、創作意欲が高まってきます。いろんなジャンルの第一人者がそれぞれのジャンルの音楽の作り方について詳しく解説してくれているので、読むだけで音楽の幅が広がりそうです。あまり聴いたことのないジャンル、Trapとかも聴いてみたり、作ってみたりしたくなりました。Tofubeatsさんのインタビューもあります。

最近の私のテーマ、「とにかく沢山、流れるようアウトプットしたい」という方向性を補足してくれそうなので購入。私だけでなく多くの人にとって、今、アウトプット能力を高めることは大きな課題であるように思う。アウトプットとは、特定の情報に対して何か決まりきった処理をするのではなくて、自分の視点を人々に対して開陳することである。よってそこに正解はない。正解がない行為をし続けることがアウトプットを続けるということである。だが正解がないものを人前に吐き出し続けるという行為は、日本人の多くが抵抗を覚えるはずだ。なぜなら我々は正解を出さなければバツを与えられるという条件付けを小さなころから学校で与えられてきたからである。しかしどんな条件付けも、しょせんは訓練によって後天的に与えられたものである。だからそれは訓練によって取り外すことができる。また、人間の自然な本性として、自由なアウトプットをのびのびと吐き出す能力が、我々のうちに眠っている。だからそれは訓練によって再び自らの力として使えるようになるはずだ。

『すべての教育は「洗脳」である』は、Kindle Unlimitedで読みました。Kindle Unlimited、なかなかいい本が揃っていてすぐに元は取れます。DTMerに必須の雑誌、Sound & Recordingのバックナンバーも読めます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です