iMacベンチマーク情報

我が家のiMac early 2008のメモリが4Gから6Gになったので、本日はベンチマークがどのように変化したのかについて書きます。

(我が家のiMacの勇姿)

ちなみにこのMacの最高メモリ量が6Gなので、いままさにうちのMacはフルアーマー化されたと言っても過言ではありません。もはやMac Proと言ってもいいですね。

数ヶ月ヤフオクを監視し続けて、中古平均価格6千円の4Gメモリが2000円で出品されているのを先日ついに見つけ、即座に落札したというわけです。本日、無事に届いて、ささっとiMacに挿したところ、なんの不具合もなく認識されました。やったー!

で、そうそう、肝心のベンチマークですが、なんと100000000から200000000に総合ポイントがアップしました!

すごい、まさかポイントが一気に2倍になるとは思いませんでした。Ableton Liveもかなり快適になりました。

Liveをバージョン10にアップして、ちょっと、いやかなり、うちのMacでは重いなと悩んでいたのですが、これでまだまだ戦えそうです。だって主観的ベンチマークの快適ポイントが2倍になったんだもの。

さて次、何かアップデートするとしたらハードディスクをssdにするるぐらいですが、どうしたものか。。。悩んでます。

ssdにしたら爆速だ!と近所の皆さんが口々に語ってまして、まあそうなんだろうなと思います。私のiMacにssdを取り付けるには、かなり大掛かりな分解作業が必要なんですが、まあやってやれないこともないでしょう。

値段も500Gが13000円。安!

だが冷静に考えて、そのお金を、新しいMacBook Proでも買う足しにした方がいいのではないかという気もして悩んでます。

ちなみにパソコンはやっぱりMacが1番好き!
この前、Ableton Live MeetUp Tokyoに行ったんですが、講師も参加者も全員Macbookでした。

音楽制作ではMacのcore audioって技術によってレイテンシーが低く抑えられるとか、複数のオーディオインターフェイスを一つにまとめられるとか、いろいろな技術的利点もあるようです。

なにより使いやすくて隅々まで意識が行き届いているってところがいいですね。

文章を執筆するためのアプリも最高なものがいくつも揃ってます。

長編小説執筆にはScrivener!


ブログ執筆やメモにはUlysses!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です