瞑想で夏に備える

今日の私は疲れている。

まるで世界一周旅行から帰ってきたかのような疲れを感じている。

疲れの原因のひとつとして考えられるのが、創作瞑想家として私が大いに尊敬するBryan De Flores氏のオンライン瞑想クラス、「Multidimentional Summer Vacation Experience」を日曜の夜に受講したことである。


世界中に様々な創作瞑想作家がおり、日々、新たな瞑想コンテンツを創作している。おそらく本サイトの意識の高い読者の皆様は、その手のことに興味津々であると思われるのでいくつかここで紹介します。

日本語で簡単に楽しめる瞑想コンテンツとして、とりあえず私がおすすめするのは「ゲートウェイ・エクスペリエンス全六巻」である。

ヘミシンク技術によって、このCDを聴くだけで脳が瞑想状態に誘導される。そのうえで自分の内的世界を探求するための基本スキルを全般的に学ぶことができる。

他には、私が知る限り世界でもっとも包括的かつハイレベルかつ先進的でビューティフルな瞑想コンテンツを販売しているサイトのひとつとして、OrinDaben.comがあげられる。(ただしこのサイトは英語オンリーである)

その他さまざまなクリエイターによるオリジナリティあふれる瞑想コンテンツが世界中で日夜生み出されている。

(姉妹サイト、pol.tokyoでも、『メタトロニック・インナーワーク』なる誘導瞑想が開発中&いくつか誘導瞑想のプロトタイプがアップロード中である)

それら世界の瞑想クリエイターの中でも、特に娯楽的かつ愉快なコンセプトの瞑想コンテンツを生み出しているのがBryan De Flores氏である。

彼のサイトのメイン商品は、Accelerator(アクセラレーター)と名付けられたイラスト群である。一枚、7ドルで買える。そのイラストを眺めて瞑想すると、そのイラストに設定されている各種の特殊な効果を獲得することができる。

例えば、創造力が向上したり、人間関係が改善されたり、自分の経済状態がよくなったり、リモート・ビューイング能力が開花したり、健康状態が向上したり、宇宙の真理を悟ったりといった各種のプラスの効果を、そのイラストを眺めるだけで得ることができる。と、Bryan氏のサイトでは説明されている。

また、Bryan氏はAcceleratorを販売する以外にも、月に数度、オンライン・クラスを開いている。

先日、私が受講したクラスでは、夏休みに備えて意識を拡張する瞑想が行われた。具体的には、「瞑想の中で世界中の観光地やパワースポットを旅し、そのエネルギーを心に吸収し、今年の夏休みを最高のものにしよう!」という瞑想が行われた。


日曜深夜1時、LINEの国際電話機能を使って、オンライン・クラスにアクセスする。(日本から受講する場合、時差のためこんな時間になってしまう)

Bryan氏の軽い解説のあと、すぐに始まった誘導瞑想に従って、心の中で世界中の観光地を、参加者の皆と仮想的に旅をする。

気持ちいいような、脳が疲れるような。

夢見てるような、自力で想像してるような。

なんにせよ日常とはちょっと違った意識状態でBryan氏の話すイメージに自分の心を乗せていく。

コロラドのメサ・ベルデから、魔法の絨毯に乗ってアリゾナのモニュメント・バレーに移動し、そこから多次元ポータルを通ってディズニーランドに向かう。そこでビッグサンダー・ローラーコースターやらインディージョーンズのライドやらを体験したあとで、ディズニーカフェで参加者の皆と談笑しながらご飯を食べる。

そこからまた謎の多次元ポータルというものを通って、次はニューヨークのブロードウェイでアラジンを観劇し、そこからモンテカルロのホテルに飛んでスイート・ルームで一泊し、そこからさらにサントリニのビーチやパリのカフェや、テルアビブのナイトクラブで夜を徹して遊び、ハワイのホテルで一休みしたあとイルカと泳ぎ、ショーを観て、星を見て、ご飯を食べて、オーストラリアでダイビングして、香港で中華料理を食べて、買い物して……。

そんなワールドワイドな観光を心の中で仮想的に体験するクラスが深夜1時から3時までノンストップで行われた。

それを受講することにより、確かに、『夏休み』や『旅』というものに対する私の心のリミッターがバリバリと音を立てて外れ、『遊び』や『贅沢さ』に対するキャパシティがメキメキと成長して広がっていくのが感じられた。クラスの受講料は20ドルであった。

しかしその瞑想は二時間ぶっ続けで行われ、しかもその中で、普段なかなか体験しないラグジュアリーな観光のエネルギーを大量に心の中に吸収したため、どえらい疲れた。

二日後の今もまだ疲れている。寝ても寝ても眠い。

まるで世界一周旅行から帰ってきたみたいだ。


上で紹介した各種の瞑想は、小説や漫画のような、心で体験する仮想現実コンテンツのひとつである。

今それは大いに私の人生を楽しく彩りつつある。

今年の夏は楽しむぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です