狩猟本能の目覚め

釣りがしたい。そう思って五年が過ぎた。

その五年間でチャージされた「釣りやりたいエネルギー」が、ついに私を突き動かした。

先日、私はAmazonでこれを買った。すぐに届いた。

すごいかっこいい竿とリール。竿には「覇王」と書かれている。これがあれば私も覇王になれるのかもしれない。そう思った。

さらに少年心をくすぐるルアーセットまでついてきた。ミニ四駆をカスタマイズするかのようなコロコロコミック・マインドがくすぐられるのを強く感じた。これだけのセットがあればバンバン肴が釣れて夕食においしい魚セットをむさぼることができるだろう。

さあ海に行くぞ。

着いた!東扇島西公園だ!

一匹も釣れなかった。

。。。。

海がダメなら川に行こう。

翌日、私は多摩川に向かった。

一匹も釣れなかった。

。。。。。

だがそれでもいいのかもしれない。

罪のない魚をいたずらに釣り上げることなく、自然の中で平和なひとときを過ごすことができたのだから。。。。

「そうだ。魚だって生きているんだ、友達なんだ」

。。。。。。

翌日(つまり今日)、私は川崎駅前にある釣りの総合ショップ、上州屋に向かった。

そこで釣りというホビーについていまだ五里霧中である中、いくつかの有用そうなアイテムを購入した。

さらにAmazonにクーラーボックスも頼んだ。ボブルビーのハードシェルバッグに似た、機動力を重視した超小型クーラーボックスだ。
次は絶対、何か釣ってやる。そして食ってやる。

そんな執念にも似た決意を心に秘めながら、クーラーボックスが届くのを待っている。

いままで自分がやった誇らしい100のこと

先週から今週にかけて、私は激烈に忙しかった。多くの人に会い、多くの精神的、肉体的アクティビティを体験した。そんな中、ブログの更新を続け、各種の創造的な習慣を維持することができた。いい感じである。

だが正味のところ、先週今週は、一行も小説を書いておらず、作ろう作ろうと思っている誘導瞑想もまったく作らなかったと告白せざるを得ない。(音楽関係はまあ、少しは手を着けることができた)

ただ、物事には順番というものがあるし、人間の能力には限界というものがあるので、作業をしないことすなわち悪であり間違いであるとは言いきれない。

先週今週はブログの更新をしながら外向的な日々を過ごすことができたし、その中で精神の安定を保つことができたわけだから、実質、万事順調であると考えることもできる。

だが私の中のせっかちな部分が、とにかく早く音楽を沢山作って誘導瞑想も腐るほど作って小説も百冊書くべしと私をせっつく。

だがそんなときは焦りに駆られていたずらに前進しようとするより、むしろこれまでに自分が成し遂げてきたことについて、ゆっくりと時間をとって思いめぐらすべきときではないだろうか?

ということでスタバで、「今まで自分がやった誇らしい100のこと」をこれから書きます。そしていろいろいいことをやってきた自分を認め、いい気分になろうと思います。

五十個しか思いつかなかった!

まあこれでよし!

喫茶店での思索のお供その1、LAMY SAFARI。可愛く、書きやすく、何年使っても壊れません。

喫茶店での思索のお供その2、ミドリMDノート。Moleskinも好きでしたが、最近はこのノートを使ってます。万年筆で書いても裏写りしない、気持ちいい手触りの使いやすいノートです。

このレコードをゲットできてあまりに嬉しいのでもう一曲。B面の3曲目「Rainbow Rainbow(陽気なアインシュタインと80年代モナリザの一夜)」です。高まりすぎる!小学生の頃からずっと好きです#tmnetwork

このレコードをゲットできてあまりに嬉しいのでもう一曲。B面の3曲目「Rainbow Rainbow(陽気なアインシュタインと80年代モナリザの一夜)」です。高まりすぎる!小学生の頃からずっと好きです#tmnetwork

TM NETWORK’s “Rainbow Rainbow” released 1984.This is a first album of TM NETWORK. They are legendary band who made many futuristic great music. I love them truly and received many inspirations. #tmnetwork

TM NETWORK’s “Rainbow Rainbow” released 1984.This is a first album of TM NETWORK. They are legendary band who made many futuristic great music. I love them truly and received many inspirations. #tmnetwork

恐怖のVR体験

川崎のラゾーナのゲーセンのVRコーナーで、「ホラー実験室 脱出病棟Ω」をやりました。

一回千円。

千円と書かれた紙を財布からとりだして機械に挿入すると機械から小さな紙が出てきました。その紙を近くにいた男性に渡すと、VRのアトラクションの説明をしてくれました。

これはホラー的なゲームで、ゾンビ的なやつがでてきます。全員がクリアしないとダメなゲームで、車いすに乗って前に進みます。懐中電灯で光で光らせてゲーム内を進んでいきます。誰かがゲームオーバーになると全員が死にます。

ゲームが始まりました。左の方でゾンビ的存在が人間を食べているのが見えます。

友達と一緒にプレイしたのですが、途中からその友達が気が狂ったように叫び出しました。私は気にせずに前に進みました。早く前に進まなければ時間切れになってしまうからです。

車いすをどんどん前に進めると人を驚かす様々な3D映像が私の前に現れました。そのたびに私の口から図らずも悲鳴が漏れます。ヘッドフォンの通信から友達の悲鳴が聞こえてきます。でもとにかく前にさえ進めばクリアできるので、私はとにかく前へ前へとバイオハザードの舞台をより陰惨に血みどろにした感じの病院の中を進んでいきました。

天井から血が滝のように滴り落ちる中をくぐりぬけていきます。

さあゴールまでノンストップで駆け抜けるぞ!

と思ったところで車いすが前にも後ろにも進まなくなりました。どんな操作をしても、ぴくりとも動けぬまま止まってしまいました。

目の前に残り制限時間5分という表示があります。その表示がどんどん減っていきます。

どうやら一緒にプレイしている友達がどこかで止まっているため、私まで前に進めなくなってしまったようです。

結局その後、五分間ずっと、ヘッドホンから聞こえてくる友達の悲鳴を聞きながらぼーっとしているとゲーム終了。

最後は首をはさみで切られて終わりました。

友人は途中で画面を見るのが怖くなり、もう目を開けていられなくなり、ゲームを進めるのを放棄していたようです。

そんな。。。。

というわけで哀れ全滅エンドに終わってしまった今回のプレイでしたが、VRゲームのポテンシャルは存分に感じることができました。これからはVRかー。すごいなー、未来感!