iMacが究極進化する&歌の録音をする

SSD導入

先日、SSDを購入した。SSDとはソリッドステート・ドライブのことだ。
(安い!)

ソリッドステートと言えば、ソリッドステート・サヴァイバーというYMOの有名なアルバムを想起する方も多いと思う。

このアルバムの名前は、ジョン・C・・リリーという有名なマッドサイエンティストが生み出した『ソリッドステート生命体』という言葉に由来する。

では、『ソリッドステート生命体』とは何かと言うと、リリー博士が、何かの薬物でトリップ中に観た恐るべきヴィジョンの中で地球を支配していた機械的存在のことである。そのヴィジョンの中で、高度に発展した半導体素子=ソリッドステートは、人間を遥かに超える能力を持ち、人間を影から支配していた。

つまりそれは機械生命に脅かされる人類というストーリーなのであるが、、、、私としてはむしろ機械生命に支配されるというストーリーよりも、機械生命と仲良くなるストーリーの方が想像しやすい。

ドラえもんや鉄腕アトムや、もしかしたらもっと古くからある、被造物と良い関係を持ちがちな日本古来の精神風土の影響かもしれない。とにかく私としては、人類を遥かに超える能力を持つ機械生命に、手厚くケアされつつ、もてなされるような未来の方が想像しやすいし自然に感じる。多くの他の日本人にとっても、同様ではないだろうか。

というわけでソリッドステート生命体とは、私にとってはシンギュラリティを超えた夢の未来を表す心ときめく言葉であり、それを想起させるソリッドステート・ドライブなるものを自宅iMacに導入できたことは大いに喜ぶべきことである。

しかしその道程は長かった。iMacを分解して、バックアップからSSDにシステムを復元して、という作業の途中で泣くかと思った。

詳細は省くが、こういったパソコンいじりに付き物のトラブルに見舞われ、夜の六時に始めた作業が終わったのは、翌日の明け方になってのことだった。

だがとにかくできた! 究極進化iMac early2008の完成だ!

メモリ6G、SSD512Gのすごいマシンだ!

Ableton Live10もサクサク動く! これで私のクリエイティビティは爆発だ!

というわけで、早速このマシンパワーを有効に活用すべく、Ableton Liveで歌を録音してみました。

この曲にですね、自作の歌詞を歌って、録音しました。また、ギターも自分で弾いたものを使ってみました。トラック自体はかなりいい感じになったと思います。

しかしまだそれは公開することはできません。だって、恥ずかしいから。。。。。

歌がね。

まだ、ちょっと、恥ずかしくって。。。。。

WavesのVocalっていうプラグインのバンドルをフル活用して、なんとか歌をまともにしてみようかと頑張ってみたんですが、どうにもなりません。

(自動音程修正プラグインや、声を良くするプラグインなどが詰まっているバンドル)

気を抜けばこのあと二百行ぐらい自分の歌声に関する否定的な文章を書きたくなってしまいそうなところです。でも、ここでぐっと踏みとどまり、むしろ良くできたところを書いてみたいと思います。

自分の歌の良かったところ

  • 歌詞を間違えず歌えた
  • 音程の七十パーセントを正確に歌えた

これ以上はいいところが見つからない。

うーん。

とりあえず明日もう一回録音してみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です