トラックメイカーTKMTこと滝本竜彦の新曲『Love Me Free』完成!

トラックメイカー(車のトラックではなくて、音楽を作る人の意)TKMTの待望の新作がついに完成した。

曲の骨子はiPhoneのKorg Gadgetで作った。この作業には先日購入したKorg MicroKey Airが役だった。Bluetooth接続の小さなMidiキーボードを使うことで、自室のベッドで、スターバックスで、フリースタイルで縦横無尽にトラックメイクできた。

(ちなみに鍵盤のサイズは、鞄に入れて持ち運ぶのであれば37鍵がオススメである。37鍵以上のサイズは普通のバッグには入らない。25鍵の方がコンパクトではあるが、37鍵の方が伸び伸びと作業できる)

十分なだけのアイデアが生まれ、全体構成もある程度固まってきたところで、iMac上のKorg Gadget for Macに作業の場を移した。広い画面、大きな鍵盤、ドラム用のパッド(Korg NanoPad2)や、ミックスに役立つMidiコントローラー(Korg NanoKontrol2)を使うことで作業が楽になる。全体を見渡しながら曲の完成に向けて細かい作業を続けるには、やはりiMacが便利だ。

作曲は最初のアイデア出しは簡単にできることが多いが、この細部を詰めていく作業には時間と集中が必要だ。といってもこれは作曲に限らずだいたいの創作活動で同様のはずだが。

ポチポチポチポチとピアノロール上の横棒(正式名称不明。楽譜上の音符に相当するもの)を細かく細かく細かく修正していく作業を何時間も続ける。よくもまあ、こんなに集中力が続くものであると我ながら感心する。

作曲作業に没頭した意識状態は、小説執筆に没頭しているときとそっくりである。

今回の作曲はGadgetSonic2018というコンペに応募するためのものである。つまり締め切りがある。締め切り当日に、ドーパミン、アドレナリンが出まくった中で作業していく感覚は、小説関係の締め切り時に感じるそれと同様のものがあった。

私は二十代前半に小説を書きまくった。そのころ私は、自分にプレッシャーをかけまくり、その圧力によって作業を進めるという、一人ブラック企業的なシステムによって、創作活動を回していた。

それは、恐怖や欠乏感や焦りや不安というネガティブな感情的エネルギーを使い、それによって無理矢理自分を創作活動に向かわせるというシステムである。

このような心の使い方は長期的には精神力を磨耗させる方向に働く。よって近年では、私はできるだけポジティブなエネルギーを使って、健康的に創作活動のシステムを回すよう心がけている。

だが『締め切り』という、過去、自分の中に焦りと不安と恐れをかき立てるために大いに利用したスイッチが目の前にあると、半ば自動的にブラック創作モードが過去からの亡霊のように私の心の奥から立ち現れ、私を二十代前半のころのようなノーフューチャーな創作活動にかき立てるのである。

そのノーフューチャーなブラック創作モードに入ると、まず肉体の状態が大きく変わる。まるで戦闘中のような特殊活動モードに肉体が移行し、睡眠時間が短くなり、3〜5時間程度で目が覚めるようになり、まったくおなかが空かなくなり、コーヒーと甘いものを少しだけ食べる食生活に変わる。

で、その状態で何時間もぶっ続けで椅子に座ってパソコン画面を眺め続けるわけだが、このとき頭の中は靄がかかったようになっていて、時間感覚もおかしくなっており、朝がすぐ夜に、夜がすぐ朝になったりする。そして目の前にある作業以外は何も考えられない、よくわからない曖昧な状態でひたすら作業を続けていく。

今回の作曲活動でも、締め切り前はこんな特殊な意識状態で作業してしまった。実際、超集中したおかげで、とてもいい作品ができた。私はこのブラック創作モードが実のところ好きなのかもしれない。この状態の私は生きている感じがする。

だが、このモードに入るたび、私はとてつもなく心身ともに消耗してしまう。

本当はそんなに消耗する必要はないはずなのだ。

本当は焦りや不安や恐れというネガティブな感情をスイッチにしなくても、スッと超集中できるはずだ。

一人ブラック企業的なプレッシャーを自らに与えて、自分を消耗させなくても、スッと超集中創作モードに入り、しかもその状態で、日常生活を健康的に続けていくことが可能なはずだ。何かを犠牲にすることなく。

というわけで今回の創作活動では、今後のためのいくつかの目標を明晰に認識することができた。

  • 超集中創作モードからブラック企業的性質を除去すること
  • 超集中創作モードをホワイト化し、日常生活と調和をもって統合すること
  • それをすることによって心身が消耗するというより、むしろどんどん気力体力が回復して元気になるような創作活動のシステムをマスターすること

この目標を達成した暁には、私の創作能力は飛躍的に増大し、超いい感じになり、今後千年は働いていけるようになるはずである。

現在、作業中の『ライトノベル 〜光の小説〜』のゲラ直し作業も、焦らずノーストレスで、余裕を持って気持ちよく完了させたいものである)

というわけで、ではここで一曲、聴いてください。

トラックメイカーTKMTこと滝本竜彦の新曲、『Love Me Free』!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です