現代日本に生きるすべてのシャーマン・魔女・魔術師・呪術師のためのセレクトショップ、銀孔雀さまより夢見茶をいただきました。『鮮やかな明晰夢体験を促し、日々の瞑想を助けます』というお茶です。飲んでみるのが楽しみ!#ginkujaku

現代日本に生きるすべてのシャーマン・魔女・魔術師・呪術師のためのセレクトショップ、銀孔雀さまより夢見茶をいただきました。『鮮やかな明晰夢体験を促し、日々の瞑想を助けます』というお茶です。飲んでみるのが楽しみ!#ginkujaku

トキワ来たれり! マジおもしろい

今日は「トキワ来たれり!」というマンガを紹介します。

(Amazon)

これは先日紹介した「史上最強の弟子ケンイチ」の松江名俊さんの作品である。ケンイチが終わった後に少年サンデーにて連載された。

SFバトルマンガで。特筆すべき魅力はヒロインのかわいさである。ヒロイン、りいんの造形と性格がとても可愛く、一読して大好きになってしまった。他のキャラも魅力的である。

あと五十巻ぐらい彼らの日常を見たかったが、作品はすでに完結してしまった。だが綺麗な終わり方だったので読後感は満足である。

敵の親玉は異次元から来る神的存在であり、それは映画、ドクター・ストレンジに出てきた、異次元に住む邪神のような存在だ。そういった異次元的存在に対して、主人公たちも、この世の道理を越えた異次元的力を持って立ち向かう。この対立構造にはSFバトルものに普遍的なものである。

私はここに調性の崩壊への恐れと、未知の自由さへのあこがれという、対立する二つの感情が生み出す葛藤を読みとる。

異次元的力とは、それを使えば何でもありになってしまう力であり、それは時間と空間を越える性質を持つために、従来の物語のあらゆるストーリーラインを破壊する性質を持つ。だからそういった力が無制限に物語の舞台に流入することは、物語世界に完全なる混沌をもたらすことになる。そうなったら、あとにはホワイトノイズだけが残されるだろう。

一方で、異次元的力が全く存在しない世界は退屈でつまらない。それはいわば、ドミナントモーションに支配された古い歌謡曲的世界に閉じこめられるようなものだ。その中では過去が未来を生み出し、カルマは確実に回収され、人の運命は予定調和の外に出ることができない。

ということで人は退屈をいやがり、異次元的自由にあこがれながらも、ふとかいまみえる無重力的な自由さの予感に対しては恐れを抱き、それを邪神として象徴化しては、それと戦って日常を守るという矛盾した空想を繰り返す。

そのような人間の普遍的な心の動きが、SFバトルストーリーにはよく形象化されていることがあり、「トキワ来たれり!」もそのような構造を持ったストーリーのひとつである。本作品の中で邪神は退けられ、世界には日常が戻る。

ところで異次元性の象徴として、邪神の他に、美少女というシンボルがよく物語内で用いられることがある。美少女、それは日常の中に何か新しいものを吹き込んでくれる存在という意味において、現在の世界を崩壊させる邪神とほぼ同等の意味合いを持っている。

ただ邪神は攻撃的な性質を持っている一方で、美少女は保護的な優しい性質を持っていることが多い。この両者は異次元性の光と闇、裏と表を司る表裏一体のものである。それらはどちらも我々に時間を超えたものへのあこがれの感情を呼び起こす。

物語の中に繰り返し描かれる美少女と邪神は、読書を通じて我々の日常の中に流入しつつある異次元的エネルギーそのものである。そのエネルギーを吸収したくて私は漫画を読んでいる。

「トキワ来たれり!」の中にはそのような新鮮な異次元的エネルギーがふんだんにあふれており、それを読むことはフレッシュな心の栄養を摂ることである。

それによって私の精神はより健康になり、何か新しいことが起こるに違いない、今日よりも面白い明日への希望が湧いてくるのである。
(Amazon)
(Amazon)

おすすめ音楽 Clean Tears “Reverberations 3”

私はトランスが大好きで古今東西のトランスをよく聴きます。トランスと言えばその名の通り感情がガーッと持ち上げられて鳥肌が立つような感覚が得られる音楽なんですが、このアルバムは最近聴いたトランスの中でも凄く最高に素晴らしいアルバムです!

音楽、世界観、歌詞、すべてがレベルが高く、聴いて鳥肌が立つ感動と高揚感が確実に得られます。

特にimpureという曲がすごい好きで、歌詞がとんでもなくいい! なんでこんないい歌詞が書けるんだ! この詩情はなかなか他に無いタイプです。

闇とか汚れとか、そういった人間的情緒が練り込まれた美しく深みのある歌詞で、陰影ある世界観がまさに日本的トランスの真骨頂と言えます。それを初音ミクが歌うことで、得も言われぬSF感、未来感があるトランスの名曲。末永く語り継いでゆきたいですね。こんないいものをサラッとおすすめしてくれたApple Musicに感謝です。

Amazonでの購入はこちら。

Amazon Music UnlimitedではClean Tearsの他のアルバムが何枚か聴けます。

史上最強の弟子ケンイチ

このページは私、滝本の日常に関するページです。読んだ本やマンガの紹介や、日々の出来事の記録や、考えていることなどを書いていきたいと思います。

今日は史上最強の弟子ケンイチという格闘マンガを紹介したいと思います。
格闘マンガと言えば『バキ』シリーズや『バガボンド』や『はじめの一歩』など、さまざまな名作が思い浮かびますが、サンデーで連載された格闘マンガの傑作は何かといえば、この『史上最強の弟子ケンイチ』ということになります。

昨年、初めてこのマンガを読み、面白くて一気読みしてしまいました。以下、このマンガのいいところを箇条書きで書いてみます。

  • 読んでいて気持ちいい。
  • 登場人物が生き生きとして皆、魅力的である。
  • 女の子が可愛い。
  • 主人公と五人いる師匠の関係性が素敵である。
  • 達人がいて、その弟子がいるという世界観にエソテリックな深みが感じられる。

作品世界の全体が気持ちいいマンガです。格闘マンガと言えば血で血を洗うエゴのぶつかり合いが描かれることが多く、それはそれで面白いのですが、ケンイチはなんというか世界全体に愛があるのが感じられます。

少年マンガ独特の、先が気になる中毒性を持ちながらも、精神的な栄養が摂取できるような格闘マンガで、読むと気分がほっこりします。疲れた夜に読むと癒されます。そして、自分もケンイチみたいに修行して、いつか何かの達人になりたいなという希望が出てきます。

修行というと辛くキツそうで、ケンイチも実際、死ぬほど(実際に一度、死ぬ)苦しい修行をするわけですが、その修行の模様が、なんていうか楽しそうでそこもいいところです。

実際の人生の中でも、修行のプロセスそれ自体が一番、楽しかったりするものです。たとえば小説を書くなんて作業をしたとして、出版されることも嬉しいですが、書いているその過程の中に沢山の喜びがあります。

目的を達成するその瞬間は一瞬ですが、修行、つまり成長のためのプロセスは永遠に続きます。

少年格闘漫画は修行、バトル、修行、バトルの繰り返しで話が進展していきます。我々の人生ももしかしたら似たようなものかもしれません。だとしたらその永遠に続く日々の修行のプロセスを楽しむことや、それを楽しめる環境を整えることこそが、幸せになるために重要なことかもしれません。

机周りを使いやすくアップデート。机の奥に棚を設置してそこにiMacを置くことで、机の上がこんなにも広く!MIDIキーボードとコントローラーでごちゃごちゃしてたのがスッキリしました。

机周りを使いやすくアップデート。机の奥に棚を設置してそこにiMacを置くことで、机の上がこんなにも広く!MIDIキーボードとコントローラーでごちゃごちゃしてたのがスッキリしました。